犬 餌 量

MENU

犬の餌の適量

犬って基本は好き嫌いもなければ与えられたものはなんでも食べちゃいます。
おいしそうに食べるので、ついつい与えてしまいがちじゃありませんか?

 

たくさん与えるとそれだけ余分な栄養を摂ってしまうことになる。
犬の餌は適量を与えないと健康を害すことになってしまうのです。

 

子犬はたくさん食べるに越したことはありませんが成犬や老犬は
肥満予防や健康の為に適量を与えないといけません。

 

適量がわかると毎日どれくらいの餌を与えて良いのかわかると思うので
今回は餌の量についてご紹介しますね。

 

【犬の餌の量】
体重が5キロ程度の成犬
市販のドッグフード150g カロリーは360kcal程度推薦

 

体重が10キロ程度の成犬
市販のドッグフード300g カロリーは580kcal程度推薦

 

これはあくまで市販のドッグフードでの目安ですが
これ以上与えちゃうとどんどんメタボリックになってしまいます。

 

これは市販のドッグフードの基準。次に無添加ドッグフードや穀物不使用の
ドッグフードを与える量について考えていきましょう。

無添加や穀物不使用の場合は?

【無添加・穀物不使用ドッグフードの場合】
無添加ドッグフードや穀物不使用のドッグフードは主に
1粒1粒に必要な栄養素がぎっしり詰まってるものが多いんですよ。

 

5キロ程度の成犬の場合でも
1日に合計100gほどで推薦されている栄養素をすべて摂取することが出来るんです。
市販のドッグフードには余分な栄養素が50gも含まれているという計算になりますね。

 

与える量は成犬や老犬などライフステージによって変わるでしょうし
犬種によっても食べる量が違ってきます。

 

ですが、基本的に私たち愛犬家は「犬に餌を与え過ぎている」傾向にあります。
毎日そんなに与えなくたっていい。必要な栄養素を与えられたらそれでいいんです。

 

おやつを欲しがるだとか、おいしそうに食べるから与えてしまうだとか
そんなのただの飼い主のエゴです!

 

犬は、食べることよりも遊ぶことや散歩をすること、飼い主と関わることに喜びを感じます。
それを、食べることで喜びを与えることに集中しすぎているからこそ
肥満や体調不良を起こしてしまうのです。

 

運動量や体質に合わせて、餌の量を調整して下さい。
犬の健康や寿命を決めるのは、食事を与えている私たち飼い主なのですから。

 

無添加ドッグフード|犬種別おすすめあり♪理想の犬の餌とは?TOPへ戻るにはこちら